前もってやったほうがいい遺品整理

遺品整理をしていた時、生前遺品について何を残して何を処分すべきか、話し合っていなかったのでなかなか作業が進みませんでした。
遺産については分けていましたが、遺品は価値があるものばかりでないので、残したものを誰が引き取るかも問題になりました。
また物が多いので、兄弟で協力し合わなければ片付かず、それぞれの予定もありすぐにとりかかることが困難でした。

まずは要るものと要らないものを、兄弟で話し合いながら、分けました。引き取り手がないということもありも、最小限の遺品だけ残すことにしました。
業者に頼むか悩んだのですが、故人との別れの意味を込めて子供達で片付けることになりました。ただ、価値があるものとないものが判断がつきにくいものもあったので、それは後日買取業者に持ち込むことにしました。
家電製品やタンス等の大型のものは、男手が必要なので私の家族や兄弟の家族にも手伝ってもらいました。大変ではありましたが、頼れる兄弟がおり、一人で抱え込まなくてもよかったのが幸いでした。

やはり故人が生きているうちにしっかりと兄弟も呼んで話し合いをしておくべきです。
価値のあるものは、教えてもらったほうがいいです。できるならば、亡くなる前に大方片付けておくほうが楽です。
自分のできる範囲を超えているなら、業者に頼むのも選択肢の一つだと思います。